サイト運営者必見!これからのSEO

インターネットへホームページを公開して、商品が売れないと嘆いている方はSEOを検討してみませんか?検索件数が増加することによって、売り上げが伸びるのではないでしょうか!

ホームページ制作に必要なseo

ホームページ制作時にseoを考慮する必要があることは既に多くの方に認知されています。 ホームページ制作の目的がアクセスを増やし、商品やサービス、会社名を認知していただくことであるから、アクセスアップのためにseoがseoは必須であると考えられています。

ホームページ制作時にseoに関して注意する点は何なのか?

  • 1.キーワードを考慮したサイトのネーミング
  • 2.キーワードを考慮したドメイン名(ある程度プラスになる場合があります。)
  • 3.サイトのコンテンツにおいてキーワードに関連するコンテンツをどれくらい含めるのか?(メニューの並びなど)
  • 4.ビッグキーワード関連のスモールキーワードの選別とそれに対応したコンテンツの作成
  • 5.パンくずでユーザービリティ―を向上させる。
  • 6.ユーザビリティー改善のために関連タグを設置することで関連ページへ移動しやすくする。
  • 7.Seoのためにもページ追加、コンテンツ追加が容易である作りが必須。CMSの導入。

などがある。

上記の中で特に重要なのは4と7となります。その次に3と6になります。最近の傾向としてはユーザビリティーの工夫が評価されているように思われます。

どれくらいのページ数を作る必要があるのか?

一般的にはスモールキーワードにおいても最低5ページは必要と考えられます。これも、1ページあたりの文字数、コンテンツ量にもよります。関連キーワードとして4つ設定するなら、4×5ページ=20ページとなります。

ビッグキーワードとなるとキーワードの難易度によりますが、20ページ~数百ページということになります。そのため、多くのseo会社はビッグキーワードをお勧めしておりません。

Seoを考えるなら1ページにどれくらいのコンテンツ量が必要か?

一般的には1000文字以上が必要と言われます。あるseo会社のアンケートでは1000文字~2000文字というのが多かったと発表されていました。多ければなんでもいいわけでは無いようなのでコンテンツの質を重視しながら文字数を増やす方法しかありません。

seoということも大事ですが、読みやすく内容があるものが一番です。

SeoにSNS(ソーシャルネットワーク)は関係があるのか?

基本的には関係ないと考えられます。SNSをやっているからseoがうまくいくわけではありません。しかし、SNSでサイトの内容、URLを認知していただくことでアクセスアップが期待でき、一部で被リンクにつながる可能性はあります。

SNSもアクセスアップのためのものですのseoと同じような効果はあるでしょう。

大阪、東京で実績から選ぶseo会社

有限会社ティーケイティー
〒550-0002
大阪府大阪市西区江戸堀1-23-35
大阪市営地下鉄四つ橋線肥後橋駅徒歩5分
〒102-0083
東京都千代田区麹町2-10-3 エキスパートオフィス麹町
http://www.seo-foa.com/
http://www.tkt-group.co.jp/

MENU

TOP SEOの効果とは SEOとは 大阪のseo会社 SEO Seoとしてwordpressを導入 Seo対策

ページトップへ戻る